脱毛マル秘裏情報

誰もが知らない脱毛の裏話をします。

全身脱毛をするにあたり、部位や毛質によって痛さは違ってくることを頭に置くとよいです。まず、部位ですが、皮膚の薄いデリケートな部分は他の部位に比べて痛みはあります。鼻や口の下、指の毛などすぐ下が骨にあたる部分は痛みがあるようです。目の量が多く密集している部分も痛みが増す部分となります。しかし、そのような部位は範囲が広くないため、時間もかかりません。

水着の女性

 

毛の太さも最初は太いですが、徐々に薄く細くなっていきますので痛みも和らいでいきます。1回目が一番痛みを感じるということです。人によって痛さを感じる強さは違います。カウンセリングの際に相談するといいです。また、施術時の担当スタッフに伝えて、施術の前後に行う冷却ですが、冷却時間を長くしたり冷却しながらの施術ができる場合もあり、出力を調整してもらうこともできますので、相談することをお勧めします。胸や腹部分は痛さが少ないと言います。実際に施術してもらうと、思っていたより痛くなかったという人が多いです。
痛みに弱いという方は、針やレーザーよりは痛みが少ない光脱毛がお勧めです。サイトでは全身脱毛ランキング2014が全身脱毛に特化したランキングを作っているので参考になると思います。痛さはお肌の状態にもよりますので、お肌の状態を整えておくことも必要ですので、保湿をして乾燥から守って下さい。

全身脱毛の専門店ということで話題の脱毛ラボは、全身脱毛がリーズナブルな
月額制で通い放題なんです。その一方、脱毛のクオリティやサービス面が
気になるところですね。
脱毛ラボの評判は主に口コミで集められています。それを見ると、確かに細やかな面で
配慮が足りないという指摘があるようです。しかし、値段は安く、また店舗の立地が良い
予約が取りやすいといったプラスの声も複数あります。
脱毛ラボの評判は、その脱毛サロンに通う人の受け方によっても変わってくるのではないでしょうか。
一言に褒められても、ある人は素直に受け止める人もいれば、ある人は褒めてもなにも出ないわよ
なんて言う人もいるかもしれません。評判でも、最悪なのでもう行かない!
という評判があるので、やはり実際に自分の足で1度確かめてから通うかどうか判断することを
オススメします。せっかく料金が安く、技術もある脱毛サロンですのでその評判だけを頼りに
諦めてしまうのはとてももったいないです。
自分に合ったサロンを見付けるのは大変かもしれませんが、評判は少し参考程度にして
自ら足を運んで確認してみましょう。評判とは裏腹に自分にあったサロンだなぁと思えるかもしれませんよ。

自分の体を見ていて結構気になるところ、それは指。
指に毛が生えているの、よく見ると本当に嫌です(>_<)こんなところに毛が生えやがって…と恨みがましくいつも眺めてしまいます。
しかも私の場合長いので、密度はさほどじゃなくても目立ってしまいます。
カミソリで剃っても柔らかい産毛みたいな感じだから、上手く剃れないし、かえって毛穴が目立っちゃってそれも醜い。

指
どうしたらいいのか困っていたら、脱毛ラボってところの単発脱毛プランで安くやってくれるのがあるじゃないですか!これはもう行くしかない。
2000円でおつりがくる料金だし、もし失敗だとしても許せる金額。
とにかくワキやら何やらの前に指ですよ指!差し出された手に毛が生えているのは男だってちょっと引くぐらいな私の感性では、到底我慢ができない指毛のことなので、プロに生えてこないようにしてもらうしかありません。
電話で訊いてみると快く受け付けてくれました。
光をあてるみたいなのだそうだけど、痛いのか訊いてみるとほとんどそれはないそうです。
ピリッとするひともいるそうですが、痛いほどではないと聞いて一安心。
昔毛抜きで抜いて飛び上って経験を思い出して苦笑いしてしまいました。
そりゃあ痛いですが、抜くとあまり早く元に戻らないからやっていたのです。
そんな時代が懐かしいわ~。

女性に人気のエステサロンは色々ありますが、その中に「たかの友梨」があります。昔、バレエを習っていたあるタレントがコマーシャルのモデルとなっていたあの宣伝です。ここでは、「トリプルアタックボディエステ」というものが人気で、体験は1回限りだが3コースの中から選べて3000円で出来るそうです。

女性専用のエステとして人気なのが「ミスパリ」です。ここはダイエットには特に力を入れており、ダイエットの体験もできると言われております。

脱毛で人気の店に「脱毛ラボ」というところがあります。脱毛ラボは国内だけでなく、世界のあちこちに約50店舗構えるインターナショナルな店として有名です。また、技術に自信のあるところに多い全額返金保障制度も取り入れており、料金もほどほどなので学生でも気軽に利用できる点がいいところです。あと、この業界で初めてと言われているのが支払いが月額制になっているところです。回数制が多い中、月額制は珍しいと言えます。

脱毛は医療行為とも言われていますが、ここは全身脱毛の施術者が500名もいるので、病院並みの手当てを受けられるのも特徴的です。脱毛ラボではイタリアの会社が開発した「S.S.Cクリプトン」という機械を使っていて、脱毛したい場所に特殊ジェルを塗り、光を当てることによりその液が患部に浸透し、毛が抜けるな方法をとっています。

ブラウンのシルク・エビルレッグ&ボディ自分でやるなら電気シェイバーを使うという方法もあります。
電気シェイバーも色々あり、男女ともに人気なのがブラウンの商品です。
女性に人気なのはブラウンのシルク・エビルのレッグ&ボディです。

本体は何種類かカラーがありますが、優しい色合いのピンクが人気のようです。
この商品は単3電池で動き、お風呂場でも使えるようにと防水加工が施されているとのこと。

電気シェイバーは商品によっては本体を洗えるタイプと洗えないタイプがありますが、
これは洗えるタイプなのでいつでも清潔感を保つことが出来ます。

 

男性に人気なのはもちろん髭剃りとして使えるタイプですが、ブラウンシェイバーWater Flexは洗面所だけでなく、あちこちで使えるので世の忙しいが男性に愛用されています。こちらは充電制で時間も1時間で済むので、電池に比べ電気代はお得かもしれません。商品の特徴としては、首が振り振りするので、平坦な場所だけでなくなだらかな山や急降下のある場所でも使えるし、奥まで入り込むことが出来るので深剃りさせたい方には満足のいく商品のようです。ただ、ブラウン製はお値段が高いのが難点です。

男性用にはこの商品以外に、日立の電気シェイバーも人気です。こちらはブラウン製の半分以下の値段でマルチタイプとなります。

脱毛した後のワキがザラザラ、ブツブツでせっかく綺麗にしたのにこれじゃあ台無し!という経験はありませんか?じつはこれワキ毛の自己処理が原因で起こっているのです。もう少し詳しく言うと、毛抜き等で毛を抜くと毛穴の周りの皮膚が引っ張られて、お肌が盛り上がったようになってしまっているのです。また剃刀や切れの悪くなったシェーバー等を使った場合、処理中に傷ついた表皮が機能せず、毛穴の入り口が皮膚を守ろうとしてつぶ立つのです。更にいうと、脱毛後のケアが不十分で毛穴から雑菌が入ってしまっている状態かもしれません。
ブツブツ、ザラザラの一番の原因はやはり、抜く・剃るの処理方法にあります。ですからこれらの症状を無くすにはやはり、サロンで脱毛処理を行ってもらうのが一番です。しかし、わざわざサロンに通うのは時間もお金もかかる事と億劫になってしまったりするかもしれません。そんな方には、電気シェーバーの使用をお勧めします。ただし、刃は直接肌に触れない設計のものに限ります。あまり安過ぎると切れが悪く、結局お肌を傷つけてしまうことなります。ですので、シェーバーはちょっと高いかなという方には脱毛クリームや抑毛ローションがお勧めです。
自己処理を行った後は保湿を忘れずに行いましょう。手持ちのローションやクリームで大丈夫です。ローションをコットンにとりパッティングしたあと、水分が逃げないようにクリームで蓋をしましょう。これでOKです。その場しのぎでワキのブツブツ・ザラザラを放置すると、そのうちサロンで処理をしてもっても元に戻らなくなってしまいますから、充分注意が必要です。

皆さんはネイバーというアプリをご存知でしょうか。
これは簡単にいうと様々な人たちが現在関心のある事や、今ニュースになっている出来事についてまとめ記事をつくり、それをどんどんアップしていくというものです。
ここで、「脱毛」というキーワードで検索をかけてみました。
するとまず驚いたことは、男性を対象にした記事が意外に多いということです。
その中には男女問わず「脱毛にいきたい人の声」を集めているまとめもあり、これを見る限りでは男性の脱毛にかける熱意も女性に負けず劣らずという感じです。
また「青髭をレーザー脱毛した結果」についてのまとめもあります。
これを読むと男性が青髭でこれ程までに悩み、永久脱毛したいとまで思いつめている様が書かれておりついつい同情してしまいました。

男性
次に目についたのが、「脱毛男子」なる言葉です。
サッカー選手の体験談が紹介されたことや、男性の美容ブームが影響しじわじわ脱毛する男性が増えてきているとのことです。
更にこのまとめには実際に自分の体毛で悩んでいる男子たちからの、このブームを賞賛する声までのっています。
それによると、今までは恥ずかしかったけれどエステが増えて男性でも気軽に行けるなら嬉しいとのことです。
なにやら、自分のあご髭が大嫌いで脱毛したいという声もあります。
ちょっと女性化が進みすぎなんじゃないかという気もしないではありませんが、男性が男性性にとらわれず、自分のしたいことが出来る社会になっていくのは、非常に楽しいことだと思います。